キレイでいるための正しいスキンケアのポイント

美容雑誌などで紹介されているモデルや美容ライターが評価しているような高価な化粧品を使うと肌がキレイになるような気はしますが、高価な化粧品が肌をキレイにするとは限りません。むしろプチプラな化粧品を使っていても肌がきれいな人は結構います。
もちろん高い化粧品は研究もされていますしそれなりに効果があり成分を配合はしています。ではなぜプチプラなコスメを使っても成果が出る人がいるかというと使い方が上手だから。
もちろん遺伝的なものも多少はあると思いますが、どうやって化粧品を使っているかというのは想像以上に影響が大きかったりします。最近出ているような何万円もするような高級クリーム、オイルなども使い方によっては効果が出なくなるので改めて使い方ということを見直してみるのもいいかもしれません。

 

正しいスキンケアは何を使うかではなく、どう使うかが大切

 

■化粧水
お風呂上がり、または洗顔が終わったら、1分以内に化粧水保湿をすること。肌の乾燥はほんとにダメージが大きくなります。お風呂あがって、もしくは洗顔してすぐに化粧水で保湿できるよう取り出しやすいところに化粧品を置いておくというのもひとつの美容法になります。
また、化粧水は不要とおっしゃる方もいますよね。私も化粧水なしも試したみたことはありますが、体感的にはあったほうが肌の調子はいいと感じているのでやはり必ず使っています。ちなみにいくら高い化粧水を買ったとしてももったいないとほんの少ししか使わないでいるのは肌が潤わないのでNG。むやみにバシャバシャ使いすぎる必要はないですが、ある程度の量が全体に行き渡らないと肌の潤いには足りなかったりすることがあるので高い化粧水を使っている方はご自身の使い方を見直してみるといいかもしれません。
また、乾燥している場所や小じわやたるみが気になる場所からつけていくというのもポイントのひとつ。あまり肌をたたくのはさけ、やさしくのせてパッティングをするのがいいと思います。
化粧水はコットンを使っても手で行っても好みで良いと思いますが、ともかく力を入れすぎてバンバンやってしまうことは、肌の表面を傷つけ傷めてしまうのでバリア機能を低下させないためにもやさしくのせていきましょう。
そして、最後はに手のひらを使って顔全体を覆い、温めながらなじませることが大切。ふんわり温かいのはリラックス効果もあるので自律神経を整えることも期待できるらしいですよ。

 

 

■顔の産毛がないとこれだけメリットがある
顔の産毛なんて、最近は気にしなくなってたなーという方はもったいないです。顔の産毛をなくすといろいろとキレイになるメリットがあります。
1.顔色が明るくみえるようになる。
産毛自体に色はないように思いますが、厳密には産毛の色は黒っぽい茶色。多くの産毛があるとそれだけ薄い色に包まれている状態になるので、きちんと産毛を処理すると顔のトーンがワントーンあがってくれるんですよ。不思議と。

 

2.基礎化粧品の馴染みがよくなります
産毛があることで化粧水や美容液が肌につくのを妨げたりしてます。実際に産毛を処理するとこれらの化粧品の馴染みがよくなることがわかります。

 

 

3.ファンデのノリがあがります
これは聞いたことがある方も多いかもしれませんが、産毛がないとファンデーションが肌に密着しやすくなるので化粧のノリはやはりよくなります。

 

4.肌の乾燥がしにくくなります
意外かもしれませんが、産毛が多いと肌が乾燥しやすくなるんです。その理由は産毛が肌の皮脂をとってしまうから。なので乾燥対策としても産毛の処理はおすすめです。

 

 

■産毛処理の時に絶対気をつけるべきポイント。
1.産毛をなくすことでいろいろメリットがあるといっても処理しすぎは、肌を傷めます。3−4週間に一回やれば十分なのでやりすぎは禁物ということを忘れずに

 

2.顔用のカミソリは想像以上にダメージがあるので、顔用カミソリで剃る場合は、一度カミソリをすべらしたところにカミソリを当てないように意識すること。できれば顔用の電動シェーバーを使うのが望ましいです

 

3.生理前はホルモンの影響でどうしても肌が敏感になるので、この時期に剃るとそれだけで肌トラブルになる可能性があるので生理前の処理は避けるようにしたほうがいいです。また肌荒れしている時も悪化させる可能性があるのでその時は処理を見送って落ち着いてからやりましょう。

 

4.日焼け対策
産毛処理をした後は多少なりとも肌が敏感になっているため、必ず基礎化粧品でのケアとあわせて日焼け止めをぬること。

 

正しいスキンケアは何を使うかではなく、どう使うかが大切