眉毛の描き方で老けてしまうことも!実年齢より5歳若く見せる眉の描き方

実年齢は変えることができませんが、見た目の若々しさは努力次第で変えられます。表情や顔の印象を大きく担っている眉毛は実は年齢を老けてみせたり、若く見せたりするパーツの一つです。
美容整形などは誰でもはできないですが、眉の描き方なら今日からでも変えられますよね?でも単にメイクをがんばるだけで、痛い若作りになってはだめ。昔のメイクに慣れてついつい、続けてしまっている流行遅れの眉毛も要注意です。
実は、若く見せたい時には眉毛を短く描くことがポイント。そしてやや太めであること。石田ゆり子さんなどを見てみるとやっぱり短めでやや太め眉を取り入れています。
眉毛の長さの基本でもお伝えしてましたが、長さの目安は口角と目尻を直線で結んだ延長線上まで。それより長くすると老けてみえてくるので気をつけてください。
そして、眉毛の太さの目安は、目の縦幅の三分の二ほどにしてください。この二点を気をつけるだけで雰囲気がガラッと変わってきたのが鏡をみてもわかると思います。
眉毛の長さで若く見えるコツがある!眉の長さでマイナス5歳

 

太めの眉
眉毛の長さで若く見えるコツがある!眉の長さでマイナス5歳

 

長い眉
眉毛の長さで若く見えるコツがある!眉の長さでマイナス5歳

 

 

短くした眉
眉毛の長さで若く見えるコツがある!眉の長さでマイナス5歳

 

 

最近の流行りの眉はやや太めでナチュラルな平行眉

ここ数年の眉毛のトレンドは「少し太め」「自然でナチュラル」「角度をあまりつけない平行線」となっているのは人気の芸能人をみていてもわかると思います。
石原さとみさん、綾瀬はるかさん、石田ゆり子さんなども皆さん大人可愛い眉毛メイクをされています。
以前はある程度角度をつけた眉がキリッとして好まれて板敷きもありましたが、最近では床と平行になるような眉メイクをしたほうが断然垢抜けて見えてくるんですよね。
ぽわんとしたやさしい表情になって年齢問わず自然で可愛く見えることでここ数年は人気の眉デザインになっています。
これは描き方もかんたんで、眉に角度をつけず、床と平行になるように意識をして眉を描くこと。「そうはいわれても、私の眉はもともと少し角度があるんだよねー」という方も結構いると思います。
この場合元の眉頭の上側と眉山の下に書き足すことで角度がならされて平行に近づいていきます。眉頭の上側はくっきり描いてしまうとおかしいので、アイブロウパウダーで描きましょう。そして眉山の下側はアイブロウペンシルで描くのがおすすめです。
眉毛の長さで若く見えるコツがある!眉の長さでマイナス5歳

 

 

自分の横顔はチェックしている?意外と見られている横顔からの眉

自分の顔の正面や上からの角度では自分の顔をみていることが多いと思いますが、自分があまりちゃんと見ていなくて人から見られているのは横顔だったりします。実は人から見られている時は横顔の方が見られているんですよね。
横顔でのポイントは、眉尻。
眉尻の描き方で見え方が大きく変わってきますので、横から見た時にキレイに見える眉尻を描くように意識をしていきましょう。

 

■よくみかけるけど、実はダサい眉尻
1.眉尻がもさっとしてて太い。
きれいな眉毛は眉頭が一番太くて眉尻にかけて細くなっていってます。眉尻が太いと若いというよりかは子供っぽくみえたり、下手したらだらしない印象を与えてしまいます。眉尻はきちっと細くなるよう意識しましょう。

 

2.眉尻が眉頭より、上がっている
眉を平行にしようとする意識などで、うっかりやりがちなのが眉尻が横からみると上がっているケース。顔は平面ではないので気をつけていないとこのようになってしまうこともあります。眉尻は眉山より下がっていることでキレイな眉に見えますので
ここの意識も忘れずに。

 

3.眉尻が下がりすぎ
これもよくありますが、眉尻が下がりすぎて目尻より下まで描いている方が結構います。実は、これって思った以上にマヌケな印象を与えてしまうんですよね。眉尻の長さは眉頭と平行な高さより長くはしないようにあるのが理想的。

 

眉毛の長さで若く見えるコツがある!眉の長さでマイナス5歳