キャッシュレス 消費税の基礎知識

PayPay、LinePay、SUICA、どのお店で使えるのか?

この記事は約6分で読めます。

いよいよ始まった消費税10%。これに伴い経済産業省「キャッシュレスポイント還元事業」が開始しました。
政府は、2025年までにキャッシュレスの決済比率を40%にすることを目標に積極的にキャッシュレスの導入を推奨しています。

消費税が10%にあがってキャッシュレスでポイントっていうけど、どれを使うのが一番いいかわからないのよね
お店によって使えないキャッシュレスサービスもあるし

消費税ポイント還元制度がネットやテレビで騒がれているのはわかっていても、どのキャッシュレスサービスを使えばいいのかと迷われている方も

まだまだ多いようですね。

海堂さん
PayPayがいいのかなあ?それともLinePayとか?

「どのキャッシュレスサービスが一番よいの?」

ここが一番気になるところだと思います。

結論からいうと、現金にはないポイント還元があるので利用することはお得です。

私がいつも行くお店でどのキャッシュレスが使えるんだろう?

ポイントを貯めるということは、その時々で行われるキャンペーンなどによって還元率の変更などを気にしがちですが

そもそも自分がよく利用する店で使えるかどうかは非常に大きなポイントです。

結局、自分がよく利用するお店で対応しているかどうかで、自分が利用するキャッシュレスサービスを決めていくのがよいのではないでしょうか。

ということで、キャッシュレスサービス別が対応している主要なお店一覧を作成しました。

※2019年10月2日時点

キャッシュレスサービスが利用できる店

コンビニ

コンビニエンスストアではほぼ全体的にキャッシュレス対応しています。

 

△※利用はできるがキャッシュレスポイント還元の対象外

 

電子マネー(交通系JR)

交通系電子マネーもコンビニはほぼ対応しています。

△※利用はできるがキャッシュレスポイント還元の対象外

電子マネー(交通系私鉄)

 

△※利用はできるがキャッシュレスポイント還元の対象外

交通系ICカードを使う際の注意点はこちら

SUICA,ICOCA,SUGOCAポイント還元の為に絶対やるべき事

続きを見る

ディスカウントストア、スーパーマーケット

スーパーでの対応はPayPaやSUICAは比較的導入がすすんでいますが、それ以外はまだこれからのようです。ライフではLine Payやメルペイが導入されていますが

OKストアでは、Line Payは導入されていてもメルペイはまだです。

またイオンは独自の決済サービスがあることもあり、あまり導入がすすんでいません。またスーパーでは楽天Paの導入はかなり遅れている傾向にあります。

※△一部店舗で可

ドラッグストア

ドラッグストアは全体的にキャッシュレス決済の導入がすすんでいるようです。ただし調剤薬局では使えないことがほとんどのようです。

注意:調剤薬局では使用できないケースがほとんど

 

△※利用可だがキャッシュレスポイント還元の対象外

 

アパレル

アパレルとしてはユニクロではPayPayのキャンペーンを積極的に出していますが、業界的には対応していないキャッシュレスサービスが多いようです。

 

△※1一部店舗で可

△※2 LinePayカードであればOK、QRコード決済は不可。

 

カフェ

チェーンカフェはSUICAは全て利用できるようですが、他の業種で強いPayPayもほぼ導入されていないようです。

△※1 ごく一部店舗で可

ファミリーレストラン

ファミリーレストランもSUICAは利用できるところが多いようですが、全体的にキャッシュレスサービスの導入はまだ遅れている傾向があります。

△※1 Sガストでは不可
△※2 一部店舗のみ可

 

牛丼チェーン

牛丼チェーンでもSUICAはが強いようですが、すき家以外はPayPay LinePayメルペイと導入されているようです。

△※2一部店舗のみ可

家電量販店

家電量販店では独自の決済サービスとの競合もあるためヨドバシでは導入があまりすすんでいないようですが、ビックカメラやヤマダ電機ではPayPay,LinePay 楽天Payto導入されてきています。

△※IDが対応している場合は可

100円ショップ

Daisoは対応しているキャッシュレスサービスが多いようですが、その他の100円ショップチェーンではまだまだ導入されていないようです。

 

 

まとめ

大手有名店の業種別キャッシュレス対応を表にまとめてみましたが上記以外の中小企業や個人経営の店舗がキャッシュレス消費者還元事業の対象となっています。

フランチャイズ店の場合は2%還元、それ以外の中小企業、個人経営のお店は5%の還元が行われます。

キャッシュレス・消費者還元は業種によっても導入できていないところもまだあるようです。

実際の対象店舗は下記マークがあるお店ですが、加盟申請店は登録加盟店一覧からファイルで確認することができます。

またパソコンやスマートフォンから地図で登録店舗を探すこともできます。

消費税ポイント還元のキャンペーンは、2019年10月1日から9か月間と限定的ですが、せっかく還元されるポイントはもらわないと損です。

普段利用する店舗で利用できるキャッシュレスサービスをチェックして積極的に使っていきたいですね。

 

 

キャッシュレス消費者ポイント還元制度事業者の詳細はこちらにまとめています

SUICA,ICOCA,SUGOCAポイント還元の為に絶対やるべき事

続きを見る

キャッシュレスポイント還元のメリット・デメリット

続きを見る

キャッシュレスサービスを導入するメリット【店舗向け】

続きを見る

Copyright© トレーニング事務 , 2019 All Rights Reserved.