確定申告の基礎知識

確定申告書等作成コーナー、使い方・提出、確定申告必要書類など

1.確定申告書等作成コーナーとは

年に一度所得を申告し、納税をしなければいけない確定申告ですが、かつては書類に記載をし提出する、という面倒な作業があり大変な経験をお持ちの方も多いと思います。

しかし今日では国税庁の国税電子申告・納税システムである「e-Tax」を使い、「確定申告書等作成コーナー」にて電子申告データを書類を用いず提出することが可能となりました。

「e-Tax」を使えば税務署の長蛇の列に並んだり、郵送だと無駄な手間がかかったりなど時間がかかっていた確定申告の手続きの効率が上がり楽になります。

 

 

2.確定申告必要書類

確定申告において必要な書類はサラリーマンと個人事業主では違いますが、どちらにも必要な書類は以下になります。

 

・本人確認書類

当然ですが、確定申告する際には本人であることを証明しなくてはいけません。

最も簡単な方法がマイナンバーカードの提出ですが、マイナンバーカードを持っていないという方は「番号確認書類(マイナンバーを確認できる書類)」と「身元確認書類(マイナンバーの持ち主が確認できる書類)」の2点の提出が必要です。

番組確認書類とはマイナンバーの記載がある通知カード、もしくは住民票で、身元確認書類とは運転免許証、公的医療保険の被保険証、身体障碍者手帳、パスポート、在留カード等のことを指します。

 

・印鑑

シャチハタではなく朱肉印が必要です。口座振替の場合は銀行の届出印も必要となります。

 

・確定申告書

この確定申告書は税務署受け取るか国税庁ホームページよりPDFをダウンロードし、印刷すれば入手することができます。

また、この記事で紹介している「確定申告書等作成コーナー」で書類を用いずに提出することができます。

 

・所得を明らかにする書類

申告書に収入や所得を記載する際、その情報を参照するための書類が必要となります。所得区分により、以下の書類を用意します。

・給与・報酬・賃金・年金等がある方:源泉徴収票(原本)、支払調書(原本)

・事業所得や不動産所得がある方:青色申告決算書(白色申告者の場合は収支内訳書)

・配当・一時・雑所得のある方:その所得の内容を証明する書類

・株の取り引きを行っている方:年間取引計算書

・土地や建物の譲渡があった方:譲渡時の売買契約書、購入時点の契約書、仲介手数料や印紙代の領収書等

 

・控除を受ける証明書類

控除とは、納める税金の金額を低くすることです。控除を受けるためには、自身がその控除の該当者であることを証明するための書類の提出が必要となります。

確定申告が必要な所得控除の例を挙げると、医療費控除・雑損控除・寄附金控除などがあります。

医療費控除の例を挙げると、医療費が年間10万円を超えた方は医療費控除の対象となります。

そしてこの場合必要となる書類が、医療費の明細書・交通費明細書などとなります。

控除を受けることができる場合とその控除を受けるために必要な書類に関して他に例を挙げると

・寄附をした方

→・寄附した団体などから交付された寄附金の受領証

・法人や信託が適格であることなどの証明書又は認定証の写し

 

・生命保険、地震保険に加入している方

→・支払金額や控除を受けることができることを証明する書類

 

 

3.確定申告書等作成コーナーでできること

確定申告書等作成コーナーでできることは端的に言えば、確定申告書等を電子申告、書類を用いずに提出できる点にあります。

また画面の指示通りに従えば確定申告書等を作成することができるので初心者の方でも分かりやすく書類の作成に取り組めます。

なお、作成した確定申告書はe-Taxで送信、提出することができ税務署まで行く手間を省けます。

また、前年度の確定申告書のデータを引き継ぐことができますので確定申告を初めて2年目以降は手間がかなり省けます。

 

4.確定申告書等作成コーナーのメリットとデメリット

確定申告書等作成コーナーを使用するメリットは多くありますが、紙ではなく電子データで申告できる点が最も大きいでしょう。

やはり従来の確定申告では税務署に行って並ぶことがあまりに手間がかかりすぎてしまいます。

並ばずに提出ができる点はやはり最も大きなメリットといえるでしょう。

ほかにも何点かメリットはありますが他には添付書類を減らすことができる点や青色申告者には控除額が10万円上がる点などはやはり魅力的でしょう。

 

一方、デメリットとして挙げられる点は事前の準備に手間がかかってしまう点にあります。

申し込みの際にマイナンバーカードとICカードリーダーが必要でこの準備に手間がかかるため、皆さんe-Taxを避ける傾向にあったようです。

しかし、平成31年1月より新たに「ID・パスワード方式」が登場し、事前準備が少々楽になりました。

今日では国税庁もe-Taxの利用を推奨してますので今後はだんだんと確定申告は電子申告に移行していくのだと思います。

 

 

5.確定申告書等作成コーナーの使い方

確定申告書等作成コーナーの使い方をご紹介していきます。

  1.  国税庁の確定申告書等作成コーナーのページから作成開始をクリックする
  2.  ガイドに従い書類作成を進める
  3.  還付の場合は振込で、納付の場合は支払い方法を選びます。
  4.  確定申告書を印刷し、提出書類等のご案内に書いてある書類とともに税務署に提出する
  5.  データ保存をして終了

かなり簡易的に書きましたがおおまかな手順は以上です。以前の紙での提出に比べて手間が省けることがよくわかります。

 

6.確定申告書の提出について

これまではe-Taxでの提出方法について説明してきましたが、まとめると申告書の提出方法は以下の通りです。

  1. e-Taxで申告する。
  2. 郵便又は信書便により、住所地等の所轄税務署に送付する。
  3. 住所地等の所轄税務署の受付に持参する。

の3つが主な方法です。提出方法に関しては結局はその人の好みとなってしまいますが、国税庁も推奨するe-Taxが最も便利な方法だと思います。必要書類も簡易的になり使いやすくなりました。そのほかにもたくさんのメリットがありますのでe-Taxの確定申告書等作成コーナーで作成することをオススメ致します。

 

 

今の税理士契約で以下のようなお悩みありませんか?

ポイント

・顧問料が高い
・訪問頻度が少ない
・提案やアドバイスが少ない
・相性が悪い
・自社の業界に疎い
・年代があわない
・確定申告など税金に関する知識が少ない
税理士さんの乗り換えは日本最大級の税務相談ポータルサイト『税理士ドットコム』におまかせ!
数値推し

<税理士ドットコムの特徴>
1. 日本最大級の税務相談ポータルサイト(税理士紹介サービスは紹介実績67,000件以上)
2. 月間約239万人の経営者・個人事業主が利用
3. 全国3,200名以上の税理士が登録

多くの個人事業主様や法人様は、適正とは言えない高い顧問報酬を税理士さんに支払っています。
また、税理士に不満があってもなかなか契約を打ち切れない、というのが現状
です。
税理士ドットコム』はそのような方々に、新たな税理士との出会いを提供しています!


Copyright© トレーニング事務 , 2020 All Rights Reserved.