節約

あなたのスマホ料金払いすぎてない?

この記事は3分で読み終わります。

「スマホ代もう少し安ければな・・・」

「先月、こんなにスマホ使ったかな・・」

なんて思うことありませんか?

大手3大キャリアのau、ドコモ、ソフトバンクを利用している場合の平均的なスマホ代は、毎月およそ6500円程度かかっているといわれています。

実際には、月額8,000円以上支払っている方も多く、1万円を超えるという方も結構いらっしゃるようですね。

ともかく日本のスマホ代は本来より高すぎます!

なのになぜだか

「スマホ代ってちょっと高いけど、しかたない・・・」

と思いこんでる方って多いんですよね。

あなたはいかがですか?

実はau、ドコモ、ソフトバンクの料金は1円も狂わず同じ料金!

よくキャリアで用意されている価格プランには「●●割」、「●●●プラン」などがあり

CMをみていてもなんとなくお得そうなものもたくさん出てきています。

 

実は、au、ドコモ、ソフトバンクの料金は1円も狂わず同じ料金なんですよ。

私は初めてこれを聞いたときには正直「ええ?」といってしまいました。

 

正直、電話料金の設定自体が複雑すぎなんですよね。

一見、お得そうな名前のプランであってもたいして安くない。

そもそも明細をみても内訳をみてもよくわからないってことも多いのではないでしょうか。

こういった複雑な料金プランが、大手キャリアの料金を比較しづらい理由でもあるのですが

比較するとこの3社の値段設定は1円も違うことはないんです。

これを知らない方も多いと思いかもしれません。

大手3大キャリアは価格が高くならざるを得ない理由があった

そもそも 携帯電話の回線設備を自社で所有しているのがドコモ、au、ソフトバンクの三大キャリアになります。

東京オリンピックが予定されていたことで、多数の外国人が集中して押し寄せることが想定されていたので

政府から大手3社に、電波塔を増やすよう依頼しているんですね。

このコストが大きいこともあって値段が下げらないというのが大きな理由になるようです。

 

また、今後、増えるとされる「5G」は今のままの電波塔では飛ばなかったりするので、5G向けの増設も必要です。

しかもガラケー(3G)の整備もまだ残ってますしね。

スマホ代はトータルすると4人家族で1500万円以上!?

平均で毎月6500円のスマホ料金とすると、年間約8万円ほどかかります。

今、30歳の方が平均寿命である81歳まで払うとなるとその金額は、約397万円。これが4人家族だとしたら

1家庭で1500万円ほど支払う計算になります。

 

また毎月この6500円を払っていた場合、消費するギガ容量を好きなだけ使うといったことはもちろんできません。

YoutubeやNetflixなど気にせず使うとなると軽く1万円超えとなります。

こういった背景からも大手キャリアの場合、値段は下がらないんです。

 

え?60GBを100円で使えるSIM!?

私が最初に格安SIMに変えるきっかけとなったのは

「一ヶ月100円で50GB利用できるSIM」を知ったことでした。

 

※興味がある方はこちらからご連絡ください。

 

私が、今やっている格安SIM代理店では2020年12月まで限定のキャンペーンをしていて

現在初月無料&最大3ヶ月100円で60GB

もの大容量SIMを利用できます。

 

これ結構よくないですか?3ヶ月限定ですが、60GBが月額100円です。

大手キャリアであれば、月1万円近くするのが普通です。

ただ安すぎて逆に不安になる方もいるかもしれませんね。

でも速度も通信品質も全く問題なく、実際に私も大手キャリアからこのSIMに取り替えても全く問題はありませんでした。

なぜそんなに安いのか?

実はこれにははっきりとした理由があります。

まず、一般的な格安SIM業者は、docomoなどのキャリアから通信回線を借ります。

このコストを下げるために、一般の格安SIM会社では、1回線あたり、130人ほどを割り当てるらしいのですが

これによって通信速度が遅くなるといったことが出てしまうんです。

まあ会社の利益もあるので仕方ないのかもしれませんね。

これに対して、私が使っているSIMでは1回線あたりのユーザー数は80人までという規約を設けています。

なので速度も通信品質も安定しているんです。

 

実際、私も外に出てYoutubeなどを見ることがしょっちゅうありますが

動画などの通信が遅くなったということはほとんど経験していません。

一般的な格安SIMではこれが普通というくらいよくあることらしいということは聞きますね。

でもどうして80ユーザーまでなんて
あえて会社の利益を減らすような設定にしているのか?って思いませんか?

実は、SIMを運営しているのは株式会社ではなく一般社団法人というところにあります。

社団法人というのは、利益を内部留保することができないんです。

つまり、その年に稼いだ利益というのは、よく年度に持ち越す事ができず
吐き出さないといけません。

もちろん、株式会社のように株主のために利益をひたすら追求する必要もないんです。

利益は、ユーザーや代理店にどんどん還元していくという前提の会社が運営しているんです。

そんな理由で

・50GBといった大容量を100円で使える
・他の格安SIMよりも速度も通信品質も安定している

とちょっと意味がわからないくらい使う側のメリットが大きいサービスになっているんですね。

ちなみに50GB 100円というのは、初回登録から3ヶ月までのキャンペーン料金で

通常の料金は 60GB( 音声通話付き)で4,860円/月です。

正直、私はたくさん利用する方なのでこれでも安いと思いますが

使用量が少ない方は、3ヶ月の100円/月が終了後にもっと安いプランに変更することももちろん可能です。

一番安いプランであれば、3.6GB(音声通話付き)で1600円です。

 

「いやいや楽天モバイルとか1年無料だし、もっと安いところあるよ」

という方もいるかもしれません。

ただそれって初年度だけのキャンペーン価格ではないでしょうか。もしくは使用できるデータ容量も少なかったりしませんか?

そういった条件などを抜きにすると、私が使っているSIMの1GBあたりの料金はおそらく最安値になると思われます。

また上記でお伝えしたように他の格安SIMの場合は、1回線あたりのユーザー数が130人に詰め込まれていることで

発生する通信速度の遅延などもあるかもしれません。

 

私は現在、この格安SIMをメインで利用していますが、速度も通信品質も他の格安SIMより安定していると感じています。

ということで「60GBを100円で利用できるSIM」について

興味がある方はこちらからご連絡いただければお知らせします。

 

Copyright© トレーニング事務 , 2020 All Rights Reserved.