節約

スマホ基本料金が高すぎる!本気で安くする方法

この記事は3分で読み終わります。

あなたのスマホ・携帯料金もっと安くしたくないですか?

 

大手3大キャリアのau、ドコモ、ソフトバンクを利用している場合

平均的なスマホ通信費は、毎月およそ6500円程度かかっているといわれています。

8000円以上もめずらしくない!

菅官房長官も会見でいわれていたように

ともかく日本のスマホ代は他国に比べて高すぎるんです!

その理由、ご存知ですか?

何も知らずに高いものだと思いこんでいる方も多いので

少しでも考えるきっかけになればいいと思ってます。

理由1:大手のコスト高すぎ問題

まず、電話の回線設備を自社で所有しているのがドコモ、au、ソフトバンクの三大キャリアになります。

 

まず、広告費がとっても高い!

当たり前ですが、有名人を使ったテレビCMなどの費用もあなたの電話料金から出されています。

次に2021年に延期開催予定となっている東京オリンピック。

多数の外国人が集中して押し寄せるための準備としてたくさんのアンテナは必要です。

そのため、この3社には、政府から電波塔を増やすよう依頼していた背景があります。

これらのコストってものすごく高い!

こういったことから大手は値段が下げらない背景があります。

しかも、今後普及していく「5G」は、実は今のままの電波塔では使えません。

つまり、5G向けの増設も必要。

さらにガラケー(3G)もまだあるのでこっちの整備もしなければならない。

こういったコストがかなりかかっているので、大手は電話代も高くしなければならないんです。

理由2:○○割、プラン名で安いと錯覚する問題

テレビCMや広告をみていても、なんとなくお得そうなプランやキャンペーンがいろいろありますよね。

実は、電話料金の設定そのものが複雑すぎて、高い事がわからない仕組みになっている!

という思わぬ落とし穴があったりします。

 

どこのプランが安いかとau,ドコモ,ソフトバンクの価格比較をする方も多いですが

実は、au、ドコモ、ソフトバンクの料金は1円も狂わず同じ料金なんです。

実際にやってみると比較すること自体難しいと思います。

明細をみても内訳をみてもよくわからない

これはあえてそうしているのかもしれないという説もありますよね。

スマホ代って一生払う!月々の金額は、結構大事なんです

毎月6500円のスマホ料金は、1年で約8万円ほどかかります。

今、30歳の方が平均寿命である81歳まで払うとなるとその金額は、約397万円。4人家族だとすると

なんと1家庭で1500万円ほど支払う計算になります。

 

しかも毎月この6500円を払ったとしても消費するギガ容量は、好きなだけ使うといったことはもちろんできません

Youtubeやネットフリックスなど好きなだけ見れるような契約だと1万円超え。

なので、これらの理由を理解した上で

通話料金を見直すことは長い目で損をしないためにもとっても大事!

今からでも遅くはありません!!

朗報!たった100円で1ヶ月60GB!

大手はどうしても高くなる事はわかったけど、実際どうすればいいのかと調べていた私が

興味を持ったのは

「一ヶ月100円で60GB利用できるSIM」

がきっかけでした。

 

※詳しく知りたい方はこちらからご連絡くださいね。

現在、この格安SIMサービスは2020年12月まで限定のキャンペーンをしていて

初月無料&最大3ヶ月一ヶ月100円で60GB

大容量SIMを利用できるんです。

 

 

安すぎて逆に不安になる方もいるかもしれませんね。最初は私もそうでした。

ただいろいろ詳しく聞くと、修理などの保証も大手より安く入る方法があったり

パソコンとスマホと複数台まとめて保険を安くかけたりする方法もあったりします。

ちなみに私はauからこのSIMに取り替えましたが、通信品質なども全く問題はありませんでした。

本当に60GBが月額100円で?大丈夫?

格安SIMって安くても通信の品質に問題があるということが気になりますよね?

実は、私が利用している格安SIMには、安くても通信品質が高い理由があるんです!

まず、一般的な格安SIM業者は、docomoなどのキャリアから通信回線を借ります。

このコストを下げるために、一般の格安SIM会社では、1回線あたり、130人ほどを割り当てるらしいのですが

これによって通信速度が遅くなるといったことが出てしまうんです。

 

これに対して、私が使っているSIMでは

1回線あたりのユーザー数は80人までという規約を設けています。

だから速度も通信品質も安定しているんです。

 

実際、私も外でYoutubeなどの動画を見ることはしょっちゅうありますが

動画などの通信が遅くなったということはほとんど経験していません。

一般的な格安SIMでは、これが普通というくらいよくあることらしいということは聞きますね。

でもどうして会社の利益を減らすような設定にしているのか?って思いませんか?

実は、SIMを運営しているのは株式会社ではなく一般社団法人というところにあります。

社団法人というのは、利益を内部留保することができないんです。

つまり、その年に稼いだ利益というのは、よく年度に持ち越す事ができず
吐き出さないといけません。

もちろん、株式会社のように株主のために利益をひたすら追求する必要もないんです。

つまり利益は、ユーザーや代理店にどんどん還元していくという前提の会社が運営しているんです。

そんな理由で

・50GBといった大容量を100円で使える
・他の格安SIMよりも速度も通信品質も安定している

とちょっと意味がわからないくらい使う側のメリットが大きいサービスになっているんですね。

ちなみに60GB 100円というのは、初回登録から3ヶ月までのキャンペーン料金。その後の

通常の料金は 60GB( 音声通話付き)で4,860円/月です。

大手と比較しても他の格安SIMと比較しても相当安いのがわかると思います。

使用量が少ない方は3ヶ月の100円/月が終了後にもっと安いプランに変更することもできて

一番安いプランであれば、3.6GB(音声通話付き)で1600円。

「いやいや楽天モバイル1年無料だし、もっと安い!」

という方もいるかもしれませんね。

ただそれって初年度だけのキャンペーン価格ではないでしょうか。もしくは使用できるデータ容量も少なかったりするので

トータルでみると実はあまり安くなかったりします。

 

おそらくこのSIMの1GBあたりの料金はおそらく最安値だと思います。

私は、au→楽天モバイルなども試しつつ、現在、この格安SIMをメインで利用していますが

ぶっちゃけ速度も通信品質も他の格安SIMより安定してるので

もっと早く変えたらどれだけ年間の費用が浮いたんだろう

月100円でスマホを60GB分利用できる方法に興味がある方はご連絡ください

詳しく知りたい

※検索したけど見つけられないというお問い合わせ増えてます。

Copyright© トレーニング事務 , 2020 All Rights Reserved.